Negative Room
奥側の目立たない部屋。室内の95%以上がゲーム。(2005 september 8th=入居開始)
ウェーハッハッハッ!!
俺はここだぁー!!(挨拶
どうも。上の無駄に熱い台詞で分かるかと思いますが本日、マダラ専用戦艦ことアスモデウスに遭遇しました。で彼の勇姿を見て一言。


・・・ヤバイ。格好良すぎ。そして熱すぎる!


見た目のアツさはケツイのシンデレラアンバー並みかそれ以上。いやもう、誇張表現抜きでアツすぎです。
もうね、一発で惚れますた。やはり本作の真の主役は彼です。これだけはマティガイナイです。
まぁ、とりあえずは奴に安定して会えるようにしないとな。

ちなみに横では高校生らしき人様が式神IIIをノーコンで3面ボスまでいってました。STGをまともにやっている人間かな?
白い日?何それおいs(ry
えっ、今日はホワイトデー?言われるまで気づきませんでしたが何か?

<姫路ホームレス焼死>別の中高生2人も関与を自供
恐れはその対象を「悪」と認識し、それはやがて殺人衝動へと変わる。
・・・まぁ、上の戯れ事はどうでもいいとして。これだけは言わしてください。

「加害者よ・・・そんなことしている暇があればお先真っ暗なこの国の未来を変えるための事をしましょうよ。」

少なくとも、ダメ人間である僕でもこの人達の神経は全く理解できません。

振動コントローラ特許訴訟、ソニーが黒星
ソニー側に立った企業に金払って嘘の証言ををさせるとはソニーもずいぶんな事を考えつくもんだなぁ。
つーか、金払って嘘の証言させて敗れて未来を真っ暗にさせるぐらいならマイクロソフトみたいにおとなしく特許料を払えよ・・・と言いたい。
ノコルモノ キエルモノ
物には繁栄があれば必ずと言っていいほど衰退がある。
もし、繁栄していた物が衰退の時を迎えたとき、その後も生き残るか、そのまま消滅するかは、人々がその物に対してどう思っているかによる。
人々の脳裏に強烈な印象を与えるだけでは、例え生まれた時には繁栄してもその繁栄が長続きすることはない。人々がいつの時でも必要とされる物が生き残りの道を辿れるのだ。

しかし、人々は物の消滅を決して無駄にはしない。その物の悪かったところを教訓にしたり、その物とは全く違うコンセプトを考えたりする等して、新しい物がうまれていく。

生存と消滅。そのサイクルは誰に変えることも止めることもできない。何故なら、そのサイクルを繰り返すことによりこの世の中が形成され、そして今も形成しているからだ。
イモビライザー搭載車は
滅多に盗難されないから、盗難されても保険金払わねぇよ、と一部の保険会社が考えているようだか、はっきり言わせておくと甘い。
完璧なセキュリティーなどまず存在しない。人が作ったものは、必ず何らかの手で破られるものなのだ。
人は金を得るためには、どんな手も使う、とよく言ったものである。
11月にしては
異様に暑かったんですが。昨日もそうだったけど。

このまま温暖化が進めば、東京といった都会はヒートアイランド現象で地獄そのものになるのではなかろうか?
まぁ、いくら努力しようが、温暖化を止めることなど不可能に近いがな。

人間って、自然界の中では罪深き存在かもしれない。
物や資源を使え、物事の考え一つで、殺したり、壊すことができる故に、だ。
ただ「想像は破壊から」という言葉があるように、殺したり、壊したりすることで見えてくるものもあるのだが。
不祥事と腐敗
今、見ているニュース番組で市の教育委員長が、子供を車ではねたというニュースをしてました。
まったく、警察や自衛隊が麻薬をやっていた事もそうだか、公共団体や国家権力の人が不祥事を起こしまくってどうするんだよと小一時間問いたいです。
嗚呼、このまま行くとバトルロワイヤルよろしく日本という国はマジで崩壊するのではないのでしょうかね?これ。
少し、未来が不安になってきました。



・・・今のこの日本を、マイケル・ムーアが見たらどう思うだろうか?
モノには罪がなし
エアガン発砲事件にしろ、有害図書にしろ・・・。
まぁ、結局言いたいことはそれだけである。
レイストームのEDと現実は・・・
今回取り扱うのはPS版のエクストラモードのEDです。ネタバレも含むので注意してください。
このゲームのエンディング(AC版)は元々、反乱を起こしたセシリア軍の本拠地である惑星セシリアを破壊し、自機が無事に地球に帰還する。というハッピーエンドで終わります。
しかし、PS版に収録されたエクストラモードでは、惑星セシリアを破壊するまでは同じですが、脱出に失敗し、自機が半壊状態になり、地球は敵の残艦部隊によってすでに破壊されていた。というバットエンドで終わります。
ちなみに本作の公式設定では後者が真のエンディングだそうです。
これに関して、インタビューで開発者は「エクストラモードを制作する上で、EDを一番変えたかった。」と言ってました。
その後、開発者は続けてこんな言葉を言いました・・・。


「戦争やっても、いいことなんかありませんからね。」


だが現実は、上の言葉も虚しく、世界のあちこちで戦争が起きている。
国の利益のために、生命の命が軽視されてしまう。そんな世界である。
・・・ここまで書いて思ったのだが、もし他の惑星への移住が実現されれば、このゲームのような星間戦争が絵空事ではなくなってしまうかもしれない。
そして、一つの惑星が人間の手で破壊されるともなれば・・・。

・・・やはり、皆が望んでいる戦争のない世界はあり得ないのだなと思いました。
有害図書問題って・・
結局これって、事件を起こした人の自己責任能力の欠如が原因でしょう?
なのに、加害者が言った一言でマスコミとか、過剰反応しすぎなんだよなぁ。
まぁ、規制が始まったところで効果があるとは思えんがな。

にしても、マスコミは何故犯罪と趣味を無理矢理結び付けようとするのかね?
とりあえず何か攻撃しとけ、という意図がミエミエで正直萎えてくる。ちなみにこの手の報道は自分は嫌いです。
報道の世界は、伝えたもん勝ちとは言うが、報道内容が的外れだったらはっきり言って伝える意味がない。
まぁ、国民に分かりやすく伝える事ができれば、なんでもOKの世界なんで、僕が何と言ようが、改善されることはまずないと思いますが・・・。


嗚呼、誰か革命起こせる人は出てこないかなぁ・・。
マスコミの力
エアガン発砲事件がニュースで流れているときに、何でこんなことがあちこちで多発しているのか?と思っていたら父親が一言。

TVでしょっちゅうやってるからやろ。

確かに、マスコミが庶民らに与える影響力は計り知れない。
神奈川の有害図書の時も、マスコミがその事を取り上げまくった事で、対象になっていたGTAIIIの売り上げが、よくなったようですし。
で、それらを見た人が、「あの人がやったんだから」という理由でおもしろ半分で同じような事をやらかすという寸法だ。
・・・いやはやマスコミは時に恐ろしくなるものである。
しかし、ボーリング・フォー・コロンバインの時もそうだったけど、どうしてマスコミってあまりいいイメージが沸かないだろうか?

まぁ、かくいう自分もマスコミに対しては、あまりいいイメージを抱いていませんが。

PSP タイトーメモリーズポケットの収録作品一覧 アレンジ作品4つあり(廃刊ダメゲーマーさま経由)
PS2版上下巻を持ってる人は、買う価値はあまりないかと。収録作品もパッとしないし。
ただ、PS2版で要望が多かったレインボーアイランド・エクストラの収録は少し理不尽さを感じたり。
アレンジ作品はどうでもよい方向で。
copyright © 2005 Negative Room all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.