Negative Room
奥側の目立たない部屋。室内の95%以上がゲーム。(2005 september 8th=入居開始)
いやな昇華
昨日の風邪ぎみでしたが、今日高熱の症状が加わってしまいました。orz
それで学校を休む羽目に。明日には治るだろうか?
ちくしょう!やられたぜ!
風邪を引いてしまいました。orz
鼻水は出るわ、のどが痛いわで、軽く鬱状態です。

そして今日、電気自動車のレース大会の本戦があった訳ですが、車の制御部分がぶち壊れてスタートできずにリタイアという散々な結果に・・。
もはやネタとしか・・・。

で明日からまた学校です。当然の事ながら満足な休みが取れなかったまま行かなければなりません。
もうやってられません。

・・・ぱっと見たら鬱日記だな、こりゃ。orz

ちなみにタイトル名は某ゲームの台詞の一つです。まぁ、そのゲーム自体、割とマイナーですが。
電気自動車レースに
行って来ました。ちなみに土日が剥奪された理由はこれでございます。

で今日は、予選でタイム勝負。結果は52台中32位となかなかの成績でした。

ちなみに、昼ご飯の弁当を皆でトラックの近くで食っている際、強雨が降ってきて、見事にびしょぬれになりました。orz
風邪引かなければ良いが・・・。

あと、この行事、明日もあります。さてどうなるやら・・・。
弾幕STGは・・・
やっている人とやらない人のそれに対する認識があまりにも違うと思う。
恐らく弾幕STGをやっている人はギャラリーに「あんなの避けれるお前は、変態だろ?」といったお言葉を受けたことは少なからずあるだろう。(プレイヤーが少ないであろう田舎であれば尚更だ。)
実際、自機の当たり判定が米粒程度であることも、弾数の多さイコール難易度の高さに直結しないことも、自分の周り以外の弾は意識する必要がないのも、そのジャンルを熱心にやら込まない限り、まず分からないことだ。
・・・今、僕が熱心に攻略しているケツイを例に出してみよう。ちなみに僕自身、まだ1周クリアが出来ていないため、説得力が無いかも知れないが、そこら辺はここでは無視していただく。
このゲームも弾幕シューで、画面中に多数の弾が飛び交うため、見た感じ、弾が多すぎて無理と感じるかも知れないが、それは間違った認識であると言いたい。
少なくとも、僕がこのゲームで難しいと感じている点は以下の通りだ。
・敵が撃つ弾が基本的に自機狙いのため、切り返しが出来ないと序盤から厳しくなる。
・スコアの稼ぎ方やロックショットの性質上、積極的に敵に接近しないといけない。
・一部の敵やボスの弾幕がトリッキーな物が多くで、対処法を知らないとどうしようもならない。
・エクステンドの点数が遠い上、2度ある1UPアイテムの出現方法が両方ともかなり難しい。

弾幕シューのパイオニアである怒首領蜂がこの世に出た際、開発者がインタビューで、バトルガレッガに感化されたスタッフが「弾避けの面白さ」を追求した結果、弾幕というスタイルを取った。という事を言っていたが、現実は一部の物好きしかプレイしないという状況である。
初心者にも「弾避けの面白さ」を体感させようとしたのならば、その代償はあまりにも大きかった。とも言える。

で、何が言いたかったというと、この状況を変えるには、人々がSTGに対する認識を根本的に変えないと行けない。と言うことだ。
いくら新作が発表され、そのゲームがそれなりの配慮がされようと・・・である。
学校の行事で
土日が剥奪されて鬱々な気分でございます。orz

学校後、万呂に行って数回ほどケツイ。
で、1回シンデレラアンバーを潰して5面初突入。開幕後すぐに出たゴールデンバットERに撃墜されましたが・・・。
とりあえず最終面に行けて嬉しい限り。ただ、この面の難易度が相当やばかったような・・・。
対処法が少しずつ見えてきたので、何とかしてでも1周クリアはしたいところ。

・・・でも、3面の1UPアイテムが1回も出せていなかったり。
出現条件は分かっているのだが、いくら頑張っても出現しない罠・・・。orz
モノには罪がなし
エアガン発砲事件にしろ、有害図書にしろ・・・。
まぁ、結局言いたいことはそれだけである。
元町行ったら・・・
ケツイが撤去されてた。orz
その代わり、首領蜂とライデンファイターズ2が復活してたが・・・。
少し鬱々な気分になっていたが、頭の中で

「ひょっとしたら、元町から万呂の方に移されたのでは・・?」

と言う考えが思いついた。というのも、万呂のゲーセンと元町のゲーセンは同じ会社の直営店で、前に元町にあったストライカーズ1945IIが万呂の方に移されたという前例があったからだ。
てことで、早速万呂のゲーセンへ。もちろん入荷されていないというのは覚悟の上で。
数分後、到着して店内に入る。
僕の読みは・・・見事的中! 奥の方の台に入っていました。
ほっと安心しつつ、プレイ。結果はシンデレラアンバーで終了。
ちなみにここのゲーセンはそれほど遠くないので前よりはプレイしに行きやすくなりました。まぁ、とにかく完全に消滅してなくてよかった・・・。

あ、もう二度と元町の方に行かないわけではないですよ。むしろ首領蜂とライデンファイターズ2が復活してくれたので、またちょくちょく行きます。首領蜂だけは1周クリアしたい。
それにしても、やるゲームが増えたのは嬉しい限りである。まぁ欲を言えば、あと怒首領蜂があれば完璧ですけどね。
今回は前作経験者向け?
ガルーダIIロケテレポート(神戸編)さざなみ壊変さま経由
2面ボスはかなりの初心者殺しですか・・・。なんだか大往生の百虎を思い出しました。

アゲハは前作と同じ感覚で使えるのは好感触。恐らく今回もマイキャラになるでしょう。
タテハは前作の性質をさらに濃くした感じか・・・。前作では覚聖ショットが弾切れを起こしやすく、お世辞にも扱いやすいとは言えなかったが、今回はどうなるだろうか?
アサギはレイピアの性質を見る限り、積極的に敵に接近しないといけないかも。覚聖時の強さも気になるが・・・。

絶死界は、大往生のハイパー以上に取扱い注意な代物になりそう。
あと、演出も結構気になったり。

まぁ、いろいろと書いてみたのだが、今回は前作経験者向けの難易度になりそうかも。
続編タイトルだから当然のことかもしれないが・・・とりあえず製品版に期待しよう。
何故か突然
昼から右の横腹が痛くなりました。
とりあえず親に聞いたところ盲腸ではないと言われましたので安心しました。
なんだろうな?これ。

で腹が痛い中マーセナリーズをやっていたのだか、いやー、面白いわ、これ。
特に戦闘が面白い。前にも書いたけど、敵がロケット弾の兵器を頻繁に使ってくるので、気を抜けば簡単に瀕死or死亡になるので、なかなか油断できないのがよい。
あとはC4で建物破壊しまくってボンバーマンと化したり、誤って味方基地を爆破して見張りに攻撃されたりとか・・・。
まぁ、プレイしてみる価値はありました。

その後、レイクライシス(単品版)を立ち上げてサウンドテストで曲を聞いていると、聞き覚えのない曲がいくつかあった・・・。
レイストームのアレンジ曲もそうだったが、やっぱり、ダブルSTG版は両作品とも一部の曲が削除されたようである。
まぁ、PSのCD-ROMの容量であれだけ詰め込んだのだから、やむおえぬ処置だったかもしれないが・・・。
決意した傭兵
今日も元町のゲーセンへ。

目当てはもちろんケツイですよ。

3回ほどやって最高はシンデレラアンバー(4面ボス)まで。
まぁ、少し進展はしました。

しかし、このゲーム、初心者には取っつきにくい所があるかな。

接近しないと真の効力が発揮しないロックショットや、切り返しができないと2面以降厳しくなるとか、ショットが弱すぎて本当に小型機の処理にしか使えないなど・・・。
つーか1面道中でも油断したら死ねるし。

大往生も全体の難易度設定がいびつであったり、初っ端から応用が求められるなど、初心者には取っつきにくい作品だったが、この作品はそれ以上に取っつきにくい。
まぁ、面白いか?と聞かれたら面白いですが・・・。


帰りにゲーム屋に寄って前の話に出たマーセナリーズとレイクライシス(単品版)を購入。
で今、マーセナリーズをやっているのですが、これがなかなか面白い。
内容は戦場のGTAといった感じ。でも舞台が戦時中の北朝鮮でプレイヤーは北朝鮮の将軍の首を狩るために派遣された特殊部員という超素敵設定。
しかも序盤からロケットランチャーを撃てたり、敵もロケランをバンバン使ってきたり、戦闘地域では戦車が砲台を撃ってきたり、自分もそれを奪えたり、C4爆弾や航空爆撃で建物を破壊できたりなど、イカス要素が満載でございます。
とてもいい作品です。しばらくこれで遊べそうです。

おまけ
レイセクIIとダブルSTGも入れたかったのだが問題が起きて断念。あとちと暗い・・。

・・・もはや完全なる自己満足でございます。orz
あ、それ言ったらおしまいか。(死
copyright © 2005 Negative Room all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.