Negative Room
奥側の目立たない部屋。室内の95%以上がゲーム。(2005 september 8th=入居開始)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして伝説から神話へ
・『BROKEN THUNDER』修正パッチリリース中止に伴う返金対応のお知らせ(とらのあな)

これを見る限り、アップデート計画は中止になったと同時に再販の可能性も完全に消滅。壊雷は本当の意味でブロークンしてしまい、いろんな意味で伝説を残すことになってしまったって事か・・・。まぁアップデート自体が絶望的なのは分かっていたような気がしますが。
しかし、専売権を取ったにもかかわらず、結局購入者全員の返金に応じる羽目になったとらのあなも哀れというかなんというか・・・。

ちなみに自分は・・・・まぁ一種の記念品としてとっておくかね。元々ネタとして買ったような物なので、それほどダメージを受けたって訳ではないですし。
スポンサーサイト
ザ・放置ツアー
昨年よりは行ける頻度は減ったけど、それでも行けるときにはゲーセンへ行く。それが僕のジャスティス。

・TGM3
1回目(SHIRASE):結構3分40秒台で足切り完走で自己ベスト更新。ランクはS5
2回目(MASTER):SHIRASEの自己ベストで気が抜けてしまったのかLv850台で窒息。久々に完走できず。

・ブレイジングスター
エ○ュ台のスピーカーがいい感じにイカれて音がブツブツ切れる様な感じに。せっかくのいい曲、今回のプレイの範囲では特に1面、4面、ボス戦曲が好きなんだが、これもこのスピーカーのおかげで台無しにorz
でなんとか我慢してプレイするも、あまりの音のブロークンぶりに気が滅入ったのか、ゾラ発狂で撃墜されたのを皮切りに、いい感じにボコられていき、結局4面のドラゴン地帯でボコられて乙。
まぁミス原因に見えてた弾に突っ込んだのもあったので、この前のプレイがまぐれであったことも分かったんだけどね(ぉ

・カラス
しばらく触れていなかったがネットを見ていたら、どうもこのゲーム、バリアでも回避不能なレーザーが飛んでくる4面中ボス以外は初期位置にいたまま、レバー操作を一切せずに放置するだけでクリア出来るみたいな事が書いてあったので、そのプレイを実行。
でしばらく触れていなく攻撃パターンを忘れ飛んでいたので4面中ボスで乙ったが・・・なるほど、こりゃバリアが強力すぎ+敵に乗っかってもミスにならないシステムのお陰で4面中ボスの対策さえ分かれば、後は放置するだけでクリア出来そうだな。まぁ本格的に稼ぐとなれば流石に放置というわけにはいかないだろうけど・・・うむ、このゲームの本質は稼ぎに行かないとさっぱり分からないだろうね。クリアするだけなら一部分を除いて放置するだけでおkだし。
当然このプレイを実行している間は「自分は何をしているんだろう?」と思ったことが何度か(ぉ
ようやく上も分かってくれた模様
・PSEマークなしで販売可能に 01年3月以前の中古家電で経産省

何の事かというと昨年の4月に施行されて、PSEマークが付いてない商品の取引が一切出来なくなった中古市場壊滅法電気用品安全法に関すること。
この法案の対象物の中には当然ゲームハードも入っており、法が施行からはSS、DC、PC-FX等のハードが入手しずらい状態(ただハードオフみたいにPSEマークを付けて売っていた所もある)になってしまい、自分もSSの確保に相当難儀することになったんだけど、その状況もこの法案の修正によってどうやら終わりを告げるみたいである。
でこのニュースを聞いて「上もようやく分かってくれたか・・・」という気分で一杯である。ぶっちゃけこの法案自体「中古は危険で悪」という感じがして納得がいきませんでしたし・・・まぁともかくゲーマーにとってはかなりの朗報じゃないかと。(まぁゲーマーだけではないが)

あとは・・・いささか遅いような気がしますが

・ゲームショップ1983の引き継ぎ決定のお知らせ

店舗の引っ越しはするみたいだけど、この店自体の存続は決定したみたい。
店の場所が場所だけに実際に行けるかどうかは永遠に不明だが、こういう雰囲気の店には頑張って欲しい限り。
ドーナツ!ドーナツ!ドー(ry
そういえば最近土日に和歌山行ってないなぁとどうでもいい事を思いつつゲーセンへ。

・TGM3
1回目(SHIRASE):足切り完走。タイムはギリギリで4分切り達成。ランクはS5初到達。
2回目(MASTER):序盤でもたついた以外はこれといった問題もなく無事に完走。ロールは少々危ういところもあったが。タイムは8分32秒でランクはm5。

しかし、改めて思うけど慣れって恐ろしいものなんだなぁと。今でこそマスター後半での速度でも制御できるけど、やり始めの時は7分の足切りタイムすら超えられなかったり、超えたところで後半での速度におけるテトラミノの制御がまともに出来ていなかったりしw

・ブレイジングスター(エ○ュ台)
むちポ!や無視姫様二人がどうもやりたい気分ではなかったので、代わりにエ○ュ台に入っていたコレをプレイする。ちなみにこのゲームをプレイするのはこれで3回目。(初プレイはホーム。2度目はモンテ。)
モンテのとは違ってここのは5機設定なんだけど、攻略する際には結構ありがたかったりするのでこれはこれでいいかなと思ったり。(ちなみに普段は変な意地が働くのか、標準設定の方がやる気が出る。)
機体はウィンディナ選択でアイテム回収極力回避でランク押さえモードでプレイ。ゾラ(2ボス)の発狂がいかにも事故死しそうな感じでなんか嫌だったけど3面までなんとかノーミスで行く。3面道中で1ミス。モンテでやった時はボコられた初心者キラー、エンド(3ボス)はノーミス突破成功。4面道中は、バックアタックで1ミス、ドラゴンのような物体が出るところで1ミス(ちなみに3機設定だとここで乙)の計2ミス。ボトムズことイーグル(4ボス)は飛行形態時に危ういところがあったが無事にノーミス。5面道中はノーミスで残1でガク(5ボス)に到達するも、第1波後の飛び出し後の弾幕攻撃で1回ミス、そして最後は飛び出しアタックをモロに喰らって乙。

5機設定だからとはいえ、いきなりここまで来れたのは正直「驚愕-PANIC-」である。

何だかんだ言って結構面白いのでこれから機会があればちょくちょくやってみようかね。クリアできるかどうかは凄まじく怪しいけど(ぉ
せっかくだから俺はこのブロークンな世界を選ぶぜ!
さて、時を遡って6月3日のことです。そのゲームはこの日を待っていたかのように届きました・・・いや、このゲームの場合は襲来したと言った方が正しいかも知れません。そのゲームとは



ブロークンな世界へ行くためのチケット(片道のみ)




BROKEN THUNDER




一応BROKEN THUNDERってなんぞや?という方に説明しておくとBROKEN THUNDERとは今は亡きテクノソフトがセガハードを中心にシリーズ展開していき、特にSSとPSで発売された5作目のVが誰もが認める傑作となり、数々の伝説を残した名作STG、サンダーフォースの二次制作として発売された作品。当然名作の二次制作という事で発売前のファンの期待も相当な物であったが、発売されるが否や、同人ソフトとしては強気な値段設定に見合わないあまりにもブロークンな出来、そしてDVDに付属していた開発者の言い訳お詫びテキストに心がブロークンされたファンが全国で大量発生。当然そのままで放っておく訳にはいかず、作品への非難の嵐でネットではちょっとしたお祭り状態に。
このゲームは同人ショップである「とらのあな」専売で発売されたものだが、そのとらのあなで返品騒動まで起きるという昨年のPSUやカルトセプトサーガを彷彿とさせる素晴らしい状態に。
そしてあまりにも異常事態に、販売していたとらのあなではついに販売停止の処置を取ることになったという、かつて残した伝説をブロークンし、そしてある意味で伝説を残すことになった2007年前期最大の曰く付きの作品である。

まぁ詳しい事はこのサイトを見ていただくありがたい。

でこの曰く付きのゲーム。このゲーム動画を見てあまりのブロークンっぷりに案の定大爆笑しました。そう、ここまではよかった。
だが何を血迷ったのか、このゲームが実際にプレイしたくなってしまい、大阪に行ったときに日本橋へ行って探すも見つからず、偶然立ち寄った通販サイトで偶然見つけて光の速さで注文して購入したという次第である。まったく自分でも何やってんだが(ぉ


まぁ適当にほざいても何も始まらないので、とりあえずケースを開けてみるも、中身を見て早くも驚愕-PANIC-に


でパケの中身。説明書なんて甘っちぃモノが一切無いという、ある意味漢仕様な作り(違




ご覧に頂けたでしょうか?パッケージを開けて目に入るのはゲーム本体のDVDと限定版特典であるサントラCDのみ。本来なら入っていないとおかしいはずの説明書が一切入っていません。でその代わりにDVDに説明書代わりのモノが入っているという素敵っぷり。なんという漢仕様(違

とまぁ早速サクレツした壊雷クオリティにブロークンされつつDVDを入れてインスコ開始。一応インスコ先はデフォの場所でしておいたので問題ないが、情報によるとインスコ先の設定をいじるとエラーが出てインスコ出来ないらしい・・・インスコ設定はあるのにインスコ先を自由に指定できないのはこれ如何に?
でインスコ自体は微妙に時間がかかるも無事にインスコ完了。ちなみにゲーム自体はDVD無しでも普通に起動してプレイできるので、インスコ後はパケに突っ込む也、DVDをそのまま入れっぱなしにして例のテキストを見て失笑する也して好きな通りに。

そしてゲームを起動すると先にOPムービーが始まる。内容は発売前に配布されたプレビューディスクに入っていたモノと同じらしいが、実際ムービーを見るのは初めてなので関係なし。ムービー自体はなかなかかっこいい内容である。余談だがOPムービーで流れる曲は2種類あり、ムービーが始まる度に流れる曲が切り替わるという結構凝った作りである。
タイトル画面。見た目は結構すっきりしてます。

でムービーが終わるとタイトル画面へ移行。メニューはSTARTとQUITのみとすっきりとした印象。ちなみにオプションは外部制御で行います。
機体その1であるRVR-03G1 BRACER。OWが使える分SYREXより使いやすい機体。

でタイトル画面でSTARTを選択すると使用可能な2機から選択することに。一つはTFVでお馴染みとなったRVRシリーズの最新鋭機であるRVR-03G1 BRACER。オプションを消費して使用中の武装を強化するOW(オーバーウェポン)が使える火力重視の機体。HUNTER以外のOWが使いやすいのとFREEWAYのOWが超威力ということもあって初心者でも使いやすい機体です。

そしてもう一つの機体であるFIRE LEO-05VC SYREX。専用武装であるサンダーソードが楽しい玄人向け機体

そしてもう一つの機体はサンダーフォースシリーズの伝統機であるFIRE LEOシリーズの最新鋭機であるFIRE LEO-05VC SYREX。FREEWAYの代わりに広範囲で地形貫通性能を持つも威力が低いWAVEとOWが使えない代わりにモーションがモロにレイディアントソードな接近用専用武装であるサンダーソードが使える機体。サンダーソードの本数は装備しているクローの数によって変化し、威力が高めで使いこなせるようになると敵とのすれ違いざまにソードをお見舞いしたりと中々楽しいのですが。OWが使えない分、BRACERとは火力の面で劣る部分があるので玄人向けの機体。ちなみにサンダーフォースの機体と言われると自分はRVRシリーズよりもFIRE LEOシリーズの方がしっくり来ますね。

ちなみに5面では機体が強制的にBROKEN THUNDERに変更されますが、機体性能自体はRVR-03G1 BRACERとFIRE LEO-05VC SYREXをミックスしたような物と言っておけば話は早いかと。

で使用機体が決まれば九十九氏によるギターをふんだんに使用したアツいBGMをバックに1面道中始まる訳・・・なんだけど早速素敵なBT補正も発動しちゃうわけでして。

普通STGの道中といえば演出と練り込まれた敵配置で面白さを感じてもらう所であります。タイトーシューでいえば「おお!この演出スゲェ!」。ケイブシューでいえば「敵を破壊していって気持ちがいい配置だ」ですね。しかし、このゲームにはそんなものが一切ありません。ただ黙々とあまり深く考えずに配置されたザコを撃墜していくだけです。一応たまに大型機が出たりしますが、演出のような気の利いたモノがは一切なく、ただ撃墜するだけなのは変わりなし・・・うん、本当にそれだけ。しかも爆破エフェクトに妙な違和感有りというおまけ付き。
・・・もう分かるかと思いますがこれでは面白みがありません。正に「盛り上がり?なにそれおいしいの?」な状態。でこの投げやりな道中を体験してみて「やっぱり道中の盛り上がりって大切だねぇ。」と改めて痛感。

基本的にステージの道中は出てくる敵を黙々と落としていくだけ。グラの空中戦が延々と続くと言ったらしっくり来るか?

1面中ボスらしき物体。攻撃はともかく形はどうにかならないものなのか・・・?ちなみにこの1面、背景のスクロールがアハ体験かと思うぐらい凄まじく遅いです。

このようにたまに大型機も出てくるけど、目立つような動きはする事もなくただ攻撃してズコーヽ/ 冫、)ノと堕ちていくだけ。ちなみにこれは2面の写真ですが、この背景が延々と続くという素敵っぷりです。

4面道中。破壊不能な隕石があちこちで出てくるが、ただくるくる回っているだけでちょっとした地形状態になっていたり。ちなみにこの隕石群に対しては画面上端が安地

4面でちょくちょく出てくる芋虫のような物体。間接なんてあるはずもなく直立不動?のまま襲い掛かる。ちなみにこの敵、自機を追うような動きをするのでくるくる回す事も可。


でボス戦。ゲームによっては、一番盛り上がるところでもありますが、ここにも素敵補正がかかっていてとても素晴らしい状態であります。

1面ボスは巨大砲台を持ったロボット。ロボットって聞いたら普通変形したり、合体したり、パーツをグリグリ動かして画面内を所狭しと暴れまくったりと「ウオー!アツイゼー!アツイゼー!アツクテシヌゼー!」という展開を予想するでしょう。ロボットにロマンに感じる男なら尚更のこと。とまぁ無駄にワクワクテカテカしている内に、ボス接近警告が出て画面下から出てきたのは・・・





出てきたのは先行者らしき物体。腕も脚もナニカに見えそうな砲台も一切可動しない素敵な代物です。






ありえない。何かの間違いではないのか?




ショボさ全開の灰色のロボット。しかもそれだけではなく、腕、脚といったパーツ類が一切稼働せず、ずっと直立不動の状態で襲ってきます。そのお姿はかの先行者を彷彿させるかのようで。
ということで、散々期待しておいてコレです。これでは期待していたファンが怒り憤懣になるのも無理はないでしょう。しかも巨大砲台の位置が位置だけに、砲台自体がアレに見えてしまうと言う愉快っぷり。
そしてこいつの攻撃もまたショボさ全開。このボスは全3形態に分かれているんだけど、その第1形態が・・・



やる気のない2way。当然こちらがショットを撃ちながら動かなければ永遠に当たらない。




ご覧の通り、自機狙いの2wayを3連射と破壊可能な遅い追尾ミサイルを発射するというもの。ここで話をぶった切りますが、ここで自機狙いのway弾の対処法を簡単に書いておきましょうか。

・奇数way弾=wayの真ん中に弾があり、そのままにしておくと被弾するのでチョン避けするなりして回避する。
・偶数way弾=wayの真ん中が空洞なので動かなければ当たらない。逆に下手に動くと被弾する恐れ有り

・・・もうお分かりですね。ショットを撃ちながらその場から動かなければ被弾することが一切ありません。最早殺る気が感じられない以前の問題でそれこそ「ずっと俺のターン!」ですよ。
で第2形態ではミサイルがなくなって、代わりに巨大砲台からレーザーが飛んできますが、これも真ん中に位置を合わせれば一切被弾せずに再び「ずっと俺のターン!」な状態に。
第3形態ではようやく5way、軌道変化弾、ホーミング弾で殺しにかかりますが、「それなら始めからそれで攻撃して来てくれよ」と突っ込まざる負えない・・・。と妙な気分になりつつ、なんとか撃ち込んで撃墜すると




ズコーヽ/ 冫、)ノ そしてそのまま自由落下w




ズコーヽ/ 冫、)ノ



派手な爆発などが一切無く、ショボい爆発エフェクトと共に傾いて画面下へ落下・・・というより退場していく先行者。ここは宇宙で無重力空間ですよ?何で自由落下するんですか?www
ええ、爆笑しましたとも。ということでそんなあらゆる意味で斜め上な先行者がとても気にいりました。(ぇ

2面ボスのエセナイトレーベン。デザインはいいがちっこくて迫力ゼロなのはこれいかに?

で次の2面ボスはエセナイトレーベン。デザインはよさげなんだけど大きさがちっこくて肝心の迫力はゼロ。しかもネズミ花火よろしくくるくる回るという航空機としてはあり得ない動きで襲ってきたり、前後にレーザー発射するのはいいが、そのレーザーの発射口の位置が凄まじく投げやりな位置にあったりと、相当な愉快っぷり。でこいつも撃墜された時の動きがズコーヽ/ 冫、)ノでプレイヤーの呆れと笑いを誘う。

3ボスの鳥のような物体。このゲームの全ボス中、モーションがあるのはこいつだけだったりする・・・。

3面ボスは赤い鳥のような物体。唯一モーションがあるボスで頑張っているなぁとは思うんだけど・・・なんか安っぽい感じが否めないというか。でこいつも撃墜された時の動きが(ry
ちなみにこのボス。5面ボスラッシュの時に唯一強化されて再登場するボスで3面、5面のモノ共に正面からやり合うと結構強いです。

4ボスの多脚式戦車・・・だけど肝心の脚が動かないという素敵っぷり。脚なんて飾りです。偉い人には(ry

4面ボスは多脚式戦車・・・なんだけど、ここでプレイヤーの想像したモノをそのまま出してくる辺りが流石壊雷クオリティ。肝心の脚部が一切動かず、月面なのにまるでアイススケートの如くツルツル滑ってきます。ホバリングでもしているのでしょうかね?しかも一つだけの砲台に何故か7Wayレーザーをぶっ放してくるという、さっきのナイトレーベンを超越する破天荒ぶり。さらに5面のボスラッシュで再登場した時に、宇宙空間で地面などないのに、まるで地面があるかのようにツルツル滑っていくという離れ業もこなします。ちなみに撃墜された時の動きはズコーヽ/ 冫、)ノよりもボッシュートに近い。

ちなみに5面では道中の代わりに1~4面のボスと再び戦闘する事になります。まぁ早い話ボスラッシュですね。だがここでも壊雷クオリティ炸裂。3面ボス以外は行動や攻撃パターンの変更といった気の利いたモノなど一切ありません。1面ボスの直立不動っぷりもそのままですw
ボスラッシュと言えば燃える演出の代表的な物の一つですが、ボスラッシュで全然燃えず、むしろ手抜き感すら感じたのは初めてですよ僕。
とまぁ面白みが全く感じられない素敵なボスラッシュを乗り越えた後はホワイトアウトして唐突に舞台が基地らしき所に変わってラスボス戦へ・・・って「基地の突入演出ぐらい入れてくれ」と突っ込むのは今更野暮でしょうね。(ぉ
問題のラスボス。これまでのボスがお遊戯に見えてしまう程の殺戮ぶりでプレイヤーを奈落のどん底に叩き落します。

ラスボスは土偶のような物体。OPムービーで出てきたのは恐らくコイツ・・・だと思われますがOPムービーでの格好良さは微塵もなく、パーツ可動も一切せずにずっと直立不動状態なのはもはやお約束。それが壊雷クオリティ。
ちなみにこのボス、形態によって二段階に姿を変えるらしく「やっと変形するのか・・・」と思いつつ倒すと・・・
ラスボス第2形態。第1形態以上に回避不能級の攻撃を連発してくる困ったボスです。

写真では分かりませんが他のボス同様にズコーヽ/ 冫、)ノと落ちてから、すぐに写真の第2形態がこんにちはー。そしてこいつも倒すとズコーヽ/ 冫、)ノと落下して糸冬了。うん、最後までズコーヽ/ 冫、)ノ。ここまで徹底してやると逆に潔さすら感じます。(ぉ
しかし間抜けっぽく見えるのは見た目だけ。攻撃の方は全然間抜けではなくむしろ相当キレてます。その殺しっぷりはダラ外のオニキンメ改(ZONE V'のボスであるストームコーザー)と同等かそれ以上で、行動を制限させた後に自機狙いの高速弾幕をぶっ放してきたり、弾幕を避けている所に自機狙いの前兆無しレーザーを連発してきたりと回避困難、もしくは回避不能級の攻撃のオンパレード。ここまでノーコンで行けてもこのボスだけでクレジット使い果たして乙という事態も十分にあり得ます。あまりの酷さに「白けるっていうレベルじゃねぇぞ!!」と突っ込みたくなること必至ですw


とまぁ演出の時点で既に素晴らしい状態になってますが、それに輪に掛けてゲームバランスの調整のやけくそっぷりが笑える。泣けるとかそんなもの通り越して笑える。まずは敵が放ってくるレーザー。敵が撃ってくるレーザーで大体のモノは撃つ前に何かしらの前兆があって、プレイヤーに対して「レーザー撃ってきますよー。」と知らせておいて、万が一喰らってしまった場合でも、不愉快な気分にならないようにしてますが、このゲームのレーザーには前兆なんてモノが一切ありません。何の前触れもなくいきなりレーザーが飛んできます。当然、レーザーが飛んでくる場所を知らなければ高確率で即死確定。思わずポカーン( ゚д゚)となって理不尽な気分を味わえること請け合いです。(ぉ
しかもこのゲームのボス。パーツを動かさない輩がほとんどなのでいつ形態変化したのかが分かりにくいこと分かりにくいこと。その上、形態変化した直後は例の前兆無しレーザーが飛んでくるというケースが多いので、レーザーが飛んでくると分かっていてもモロに喰らってアボーンという事態が結構起きるのがなんとも・・・。あとこのゲームのボス、それほど攻撃自体はそれほど激しくもないのにも関わらず、耐久力が無駄にタフすぎるのもタチが悪い。威力が高いFREEWAYのOWとかを使えば割と早く倒せるけど、高火力の武器がない場合は長期戦化は必至。場合によっては3分ぐらい掛かってやっと倒せたという事もあったりします・・・。プレイヤーからすれば苦行以外何物でもありませんよと。
あとは・・・やはりラスボスでしょうか。ケイブシューの2周目真ボスならまだしも、ラスボスまで到達するのとラスボス戦の難易度の差があまりにも激しすぎるのはそうそうないでしょう。STGを囓ってる人でもラスボスまでノーミスで行けたのにラスボスでフルボッコにされて結局残機&こんちぬーでゴリ押しせざる負えないのがほとんどだと思います。つーか僕もほとんどその状態ですしw 一応ノーコンクリアも動画がうpされているので不可能ではないと思われますが、これも結局ラスボスが運絡みという話ですし・・・。
・・・というかこのゲームのラスボスの凶悪ぶりは口で語らせるよりも、下の動画を見ていただいたほうが分かりやすいかと思います。ついでに前哨戦でこれまた面白みの無いボスラッシュがあるので、このゲームのボスのアレっぷりも認識出来るかと

・BROKEN THUNDER stage5 and ending(YouTube)

とまぁゲーム自体は見事に素敵すぎるほどブロークンな状態ですが、曲だけはかなりいいんですよ。限定版の特典がサントラなのもうなずける位に。
作曲はTFVで担当した九十九百太郎氏とTFIIIで担当した山西利治氏によるもの。全体的にヘヴィロック調で各曲の熱さは相当なモノであり、曲だけを聴くと燃えること必至です。個人的にはOPその1、ボス戦、2面、4面、5面、ラスボス辺りが好きですね。ちなみにラスボス戦のThe Justice Ray Part3はセガガガのミニゲームの一つであるR720というSTGのボス戦でも使われてた曲でもあります。(ただしBTのは音が若干違う)
しかし悲しいかな、肝心のゲーム自体がブロークンしているおかげでせっかくの熱い曲が空回りしてしまっている印象がどうしても拭いきれない感がします。・・・たまにありますよね、ゲーム自体はダメなのに曲だけはいいという作品。本作もその典型的なパターンにはまってしまった作品の一つなんだなぁと。

ということで本気でプレイするには厳しいがネタでプレイする分にはありかもしれないブロークンサンダーのレビューは糸冬。いや、本当はもっと簡単にまとめるつもりだったんだけど記事が肥大化していっていつの間にやら「これレビューの方がいいじゃないのか?」と思って思い切ってゲームレビュー化しますた。
しかし久しぶりのレビューはこのゲームだとはねぇ・・・。そして改めて思う。

ホントッ、自分でも何やってんだが。(ぉ
ケツイの全選手入場!
[[W A R N I N G]]
Approach your target and attack! Your mission starts now! Are you ready?

初心者殺しは生きていた!! 更なる強化を積み極殺兵器が甦った!!!
V/STOL戦闘機ワイバーンIIだァーーーー!!!

自機狙い弾はすでに我々が完成している!!
一発的中!!恐怖のスナイプ 攻撃ヘリストームだァーーーー!!!

撃墜されしだい撃ち返しまくってやる!!
EVAC社製のUAF 無人戦闘攻撃機スカイフィッシュだァッ!!!

攻撃艦の護衛なら、我々戦艦の歴史がものを言う!!
海上の守護神 護衛艦ザルキイ級!!!

真の連結戦車を知らしめたい!! 大型連結戦車ジェム&イーニィだァ!!!

厄介度は低いが何があっても逃げない度胸なら全階級オレのものだ!!
EVAC社の最新鋭攻撃ヘリ ティーゲルハーゲンだ!!!

EVAC社の護衛は完璧だ!! 全翼型制空戦闘機ゴールデンバットER!!!!

全対空兵器のベストバランスは私の中にある!!
主力戦闘車のアルマジロが来たッ!!!

タイマンなら絶対に敗けん!!
大型機の超弾幕を見せたる V/STOL戦闘機ナイトメアだ!!!

乱雑戦(ザコからの攻撃あり)ならこいつが怖い!!
迫り来る2way弾 攻撃ヘリドルフィンだ!!!

大道路の下からスコアラーキラーが登場だ!!
落下型オプション付きヘリ 中型掃空ヘリシーホース!!!!

EVACに訪れたプレイヤーを歓迎したいから開幕で待っていた!!
見た目以上の弾幕を見せてやる!!対空戦車クーン!!!

めい土の土産に換装用パーツとはよく言ったもの!!
琥珀姫の着せ替えが今 戦場でバクハツする!! 特殊換装車両シンデレラアンバーだーーー!!!

5wayこそが初心者殺し最強の代名詞だ!!
まさかこの兵器が来てくれるとはッッ VTOL戦闘機サンダーボルト!!!

アイテムを運びたいからここまできたッ 輸送率一切不明!!!!
EVAC社のピット(輸送)ファイター 輸送ヘリスサムだ!!!

オレたちは強敵ではない初対面でびっくりさせるだけだ!!
御存知自走砲ディフェンダー!!!

戦車の本場は今やEVAC社にある!! オレを驚かせる奴はいないのか!!
重戦車ピポポだ!!!

デカァァァァァいッ説明不要!! 重武装!!! 2層式弾幕!!!
重対地攻撃艦ヴィノグラドフだ!!!

大型機は実戦で使えてナンボなモン!!! 超実戦弾幕!!
郊外地帯からVTOL戦闘機シザースだ!!!

炸裂弾はオレのもの 邪魔するやつを思いきり撃ち思いきり炸裂するだけ!!
多履帯戦車統一王者 スフィンクス

天井の開くスタジアムから現れ、自立式オプションを展開したッ!!
最前線の空飛ぶ防衛者 大型制空戦闘ヘリ ブルフロッグ!!!

ボディーの動きに更なる磨きをかけ 局地防衛用戦闘車両ブラックドラフトが帰ってきたァ!!!

今の自分には死角はないッッ!! 4連装レールガン アドルグ・プラス!!!

EVAC社仕込みの誘導弾が今ベールを脱ぐ!! 縦穴のゲートキーパー 重戦車ライノスだ!!!

EVAC社地下でならオレたちはいつでも全盛期だ!!
浮遊する闘魂 空圧浮遊戦闘車ランドマスター 再び登場だ!!!

物資の輸送はどーしたッ 猪木弾幕 未だ消えずッ!!
剥がすも壊すも思いのまま!! V/STOL大型輸送攻撃機ジャマダハルだ!!!

特に理由はないッ 大編隊が強いのは当たりまえ!!
ケツイヤーには消えてもらう!!! ビシキョーパパパパワアッ!
戦闘ヘリ パンツァーシュナイダーがきてくれたーーー!!!

EVAC社で研究された実戦戦闘機!!
縦穴のデンジャラス・ウェポン 全翼型制空戦闘機コラルマンタだ!!!

超一流中ボスの超弾幕だ!! 生で拝んでオドロキやがれッ
EVAC社の絶対防衛者!!重機動対空砲座トラファルガ!!!

防衛だったらこの兵器は外せない!!
EVAC社製箱型対空兵器 8連装短SAM VLS EM-64Lだ!!!

炊飯器はこの兵器が完成させた!!
EVAC社の切り札!! 試作型重機動戦闘要塞エヴァッカニアだ!!!

伝説の戦闘機が帰ってきたッ
原理は一体何なんだッ 光の翼ッッ
俺達はヤツを待っていたッッッ光翼型近接支援残酷戦闘機エヴァッカニア・ドゥームの登場だーーーーーーーーッ

加えてEVAC社襲撃に備え超豪華な絆地獄たち4人を用意致しました!

オフィスが産んだ史上最強の兄貴ッ!! ロイド=エヴァンズマン!!
冷たき表情の下にあるのは熱い弟への思う心ッ!! アリス=ブラックバーン!!
戦いを経て兄の真実を知るッ!! ユウマ=ナナセ!!

.......ッッ どーやらもう一名は存在感が薄い様ですが、存在感が表し次第ッ皆様にご紹介致しますッッ
Green of Nightmare
毎度他社ではとても真似できないコーラを出して、いろんな意味で楽しませてくれるPEPSIから今度はペプシアイスキューカンバーという新たなネタ系コーラが出たようで。

実はペプシGOLDが出たときに「青、赤、黄色(実際は金色だけど)と来たら、次は緑色のコーラ辺りが来るんじゃないのか?」と密かに思っていたんですね。
でまぁ、そんな変な期待をしつつ半年後の事。



電車内で撮影。今回はライトグリーンの液体が悪夢へと誘う


本当に出ちゃったよ!



しかもキューカンバー(キュウリ)とコーラという大変理解に苦しむ素敵な組み合わせで



これには本当に驚愕-PANIC-。正に「さすがペプシ!他社にできない事を平然とやってのけるッ!そこにシビれるッ!あこがれるゥ!!」である。
ちなみにボトルにはこのような記述がある


CUCUMBER(キューカンバー)とは英語でキュウリのこと。
コーラとキュウリ、驚きのコンビネーションの爽やかなコーラ!



うーん、同じ緑ならメロンや青リンゴなどの真っ当なモノがあるのに、何故にキュウリなのか・・・?と突っ込むのはやはり野暮だろうでしょうね。何故ってこれまでにも前科有りまくりなペプシが作ったモノだし。
とまぁ、色々考えても買った以上、実際に飲まなければ意味がないってことで、今回も自分から進んで実験台になって飲んでみることに。

で写真を撮った後、蓋を開けて飲み口から香りを嗅いで飲んでみることにしたのだけど・・・



御免。これは香りだけで浄化-K.O.-だ。



組み合わせたモノがモノだけに、コーラの香りなんかほとんどするはずもなく得体の知れない妙な香りだけが支配する素晴らしい状態になってますた。いや、コーラの香りはかすかに残っているんだけど、それ以上に得体の知れない妙な香りが強烈すぎて何が何だか・・・この強烈な香りはある意味罰ゲームに等しい(ぉ
味の方もあの強烈な香りがそのまま味として来るという感じで、味の悪さは歴代コーラ史上でも間違いなく最凶クラス。ブルー、レッド、ゴールドの時は「それほど悪くはないな」という感じで何度か買ったりした物だが今回のこれは何回も飲みたいとは思わない味である。冷たい状態でこんな惨状だから温くなった時なんかは想像もしたくもない。ある意味これの温くなった奴は極殺兵器になりそうだな(ぉ

と色々悶絶しつつ何とか飲みきる。でこのコーラはもうお腹一杯でよほどのことがない限りは再度買うことはないでしょう・・・それぐらい悪い意味で強烈だったことで一つ。
うむ、僕は緑色は大好きだが、この緑だけは勘弁願いたい・・・。つーか「無難にメロン辺りで来たらよかったのでは?」と思うのは僕だけではないはず・・・。

そういえば、前に日本橋行ったときに液体が黄色でトロピカル風味なペプシカーニバルなるものがあったので飲んでみたのだけど、アレは普通にうまかったな。
また機会があれば飲んでみようかね。
全盛期の緋蜂伝説
元ネタはこちらです→全盛期のイチロー伝説
なお、このネタの性質上、あり得ない嘘や誇張表現が多く含まれているのでそこの所はご了承を。

>全盛期の緋蜂伝説

・弾幕一つで3機撃墜させることは当たり前。弾幕一つで5機撃墜させたことも
・プレイヤーに敵本拠地まで余裕の進攻を許し、自機5機無傷の状況から10秒で全滅
・無敵ROMを使っていても撃墜させる
・自機を全滅させても納得いかなければ相手したプレイヤーの夢の中に現れた
・遅い弾も余裕で命中して撃墜
・画面に出るだけでシューターが泣いて謝った。心臓発作を起こすシューターも
・あまりにも強すぎるのでEX強化にボム6個の特別強化された自機も使用許可された
・その特別強化された自機も撃墜した
・自分で放った弾を自らキャッチして洗濯機でステルス爆撃機を撃墜
・自機を一睨みしただけで自機が洗濯機の中に飛び込んでいった
・クレジットを入れなくても緋蜂で100回以上全滅
・2-2百虎と相手をしていた自機を撃墜した
・鉛弾ではなくBB弾で撃墜した事も
・洗濯機を避けようとしていた自機を、左右の筐体のX-36、シルバーガンともども撃墜した
・奇声を挙げたプレイヤーに流暢な機械語で反論しつつ開幕16way針弾
・炎の勢いが増すだけで自機が3機撃墜された
・あまりの活躍ぶりに1周目のラスボスとして降臨していたことも
・だが降臨した途端に1周クリア達成者がゼロになったので、結局2周目の真ボスに落ち着く事に
・あまりに攻撃が激しすぎて大往生の基板が大破した
・洗濯機で米軍を全滅したことは有名
・本気を出すと宇宙一つを滅ぼしかねないので、力をセーブしてた
・洗濯機の流れに乗って自機の目の前に現れるファンサービス
・緋蜂が撃墜されたらその日は独立記念日制定
・洗濯機を放つと宇宙の法則が乱れる
・3機落としパターンが決まれば即クリア確定というゲームデザインはもはや伝説
・ハンデとして2周目の残機没収なし+ノーミスorノーボムエクステンドありというルールも導入されたが逆に勝率が上がった
・画面に緋蜂が出るだけで家電業界の相場が上がる。洗濯機を発動するたびに更に上がる
・自慢の洗濯機で超音速偵察機を撃墜

そういえばこういうネタモノをやるのは久しぶりだな。
壊れた雷制圧完了
といったもののラスボス戦までノーミスだったのにラスボス到達した途端に撃墜されまくって、ラスボスを撃墜した時には4クレも消費するというアレっぷり。何この愉快な展開w
しかし、これほどまでにノーコンクリアする気を完璧なまでに叩き潰してくれる通常ラスボスもなかなか無いねぇ・・・。やっぱりこのラスボス戦をやってると「難易度設定は適当にやりました~♪えっ、ゲームバランス?なにそれ食べれるの?」と思わざる負えんな。

うん、このゲームはやはり一種のネタとして楽しむのが正しいような気がするね。先行者とズコーを見て爆笑したり、ラスボスと戦って「ちょwwwラスボステラツヨスwww」と悶絶したりとか。
壊れた雷と戦う雷
最近いろいろあってゲーセンへ行ってない罠。とりあえず今はゲーセン行きたいのが心の本音。

むちむちポーク!二周目突入条件及び、MANPUKUモードの解禁コマンド公開

YGWの作品で通常モードが2周目エンドなのは結構珍しいな。しかし条件がかなり厳しいねぇ。ある意味ケツイ裏2周目の再来じゃないかな。まぁあっちはノーミスに加えてノーボム+1億2000万以上稼ぐという条件つきだけど。
ただ、ここで一つ深刻な問題が発生したようで。その内容は残機関連のバグで電源入れてから誰かが2周目に突入してしまうと、それ以降のプレイのエクステンドが1000万のみになってしまうというかなり致命的なモノらしい。ちなみにバグ発動した場合は電プチすると直るみたい。
一応桃菓子でも残5の状態でエクステンドすると残機が無限になるバグがあったんだけど、桃菓子のは効果はバグが発動したプレイだけなんで順番待ちしている人の待ち時間が増えるという以外は影響はないんだけど、今回のは発動してしまったらそれ以降のプレイ全てに支障をきたしてしまうモノだからなぁ・・・桃菓子の時みたいにバグ修正版が出るんでしょうかね?
でもう一つのMANPUKUモードは鋳薔薇、桃菓子でいうHARDERモードに当たるモノなんだけど、まんま2周目を持ってきた鋳薔薇、桃菓子とは違って微妙に2周目とは異なる点があるようだ。

でここからは元ホームの話。雷電IVを入れてきたのにはかなりの驚いた。(ちなみに雷電IIIは入れていない)前のカラスも結構驚いたが、あれは基板がNAOMIで、その前の同基板のエグゼリカを入れていたのでまだ可能性ゼロではなかったけど、こっちは決して安いとはいえないType-Xだからねぇ。雷電IVを入れる際にType-Xごと買ったのだろうか。

ちなみに現ホームのMQは雷電IIIは入れてたがむちポ!レギュラー化したのが響いたのか、雷電IVは見事にスルー。今度モンテ行った時にやりにいくしかないのかねぇ・・・orz
copyright © 2005 Negative Room all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。