Negative Room
奥側の目立たない部屋。室内の95%以上がゲーム。(2005 september 8th=入居開始)
ノコルモノ キエルモノ
物には繁栄があれば必ずと言っていいほど衰退がある。
もし、繁栄していた物が衰退の時を迎えたとき、その後も生き残るか、そのまま消滅するかは、人々がその物に対してどう思っているかによる。
人々の脳裏に強烈な印象を与えるだけでは、例え生まれた時には繁栄してもその繁栄が長続きすることはない。人々がいつの時でも必要とされる物が生き残りの道を辿れるのだ。

しかし、人々は物の消滅を決して無駄にはしない。その物の悪かったところを教訓にしたり、その物とは全く違うコンセプトを考えたりする等して、新しい物がうまれていく。

生存と消滅。そのサイクルは誰に変えることも止めることもできない。何故なら、そのサイクルを繰り返すことによりこの世の中が形成され、そして今も形成しているからだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 Negative Room all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.