Negative Room
奥側の目立たない部屋。室内の95%以上がゲーム。(2005 september 8th=入居開始)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生の火が消えるとき
生が付いているものははいつかは死ぬ。それはたとえ望んでいなくても絶対に避けることはできない・・・。
何故なら生き物は生と死のサイクルで成り立っているものだからだ・・・。

つまり何が言いたいかというと

今日、お祖父さんの弟が亡くなりました。

朝、容体が悪化したみたいな事を言っていましたが、案の定そのまま逝きました。
ちなみに亡くなる前に隣に見守っている人がいたそうで、安心していっただろうな。自分一人だけで死ぬのは誰だっていやですし僕だっていやです。
身内に見守られて死ぬ。それが人にとって一番幸せな死に方だろうな・・・きっと。

さて、明日から少々忙しくなりそうです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 Negative Room all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。