Negative Room
奥側の目立たない部屋。室内の95%以上がゲーム。(2005 september 8th=入居開始)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
開発者とプレイヤー
STGというジャンルでは、当時では攻略困難といわれたグラディウスIIIやR-TYPEII、雷電II等が攻略され、怒涛な攻撃を繰り出す火蜂はノーミスで陥落され、「倒すのは無理」とまでいわれた緋蜂、エヴァッカニア・ドゥーム、アキ&アッカも倒された。どれも熱心に攻略、研究する凄腕プレイヤーという人間の手で、だ。
実は先日、STGではないがTGMシリーズのデスモードクリアやシラセモードLv1000オーバーの映像を見たのですが、「人間ができる代物じゃねぇー!!」というお約束の言葉と同時に、「人間突き詰めれば何でもできる。」という言葉が浮かび上がった。
 以前ネット中にうろ覚えだがこのような言葉を見たことがある。
「高騰していく難易度も凄いが、それに早々と適応し、打破していくプレイヤーも凄いと言わざるおえない。」
凄腕にも唸らせるように難易度も高くしていったのも事実だが、そんな困難で険しい壁ををさらなる高みを目指すプレイヤーによって次々と乗り越えていったのもまた紛れもない事実である。
結局これも、終わることのない開発者とプレイヤーのイタチゴッコの一つに過ぎないであろう。少なくともゲーム自体の終焉を迎えない限りは。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 Negative Room all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。