Negative Room
奥側の目立たない部屋。室内の95%以上がゲーム。(2005 september 8th=入居開始)
弾の打ち返し(原点回帰)と音との戯れ(新機軸開拓)
「おい!記事タイトルのたまの漢字が違うぞ!」という突っ込みは無しの方向で。(ぉ

昨日、ちょっと出かけてbit Generationsの「BOUNDISH」と「Soundvoyager」を買ってきました。ついでに久しぶりにケツイもやりたかったのですが、案の定撤去されてました。orz
あとはかつてAC版セガラリー2があったところではクライシスゾーンとHOD2(共にSD筐体)がありましたが、設定がかなりいじられていた(特に前者)ためにプレイせず。アンデフやブレイジングの時もそうだったんですが、アーケードゲームに関して自分は設定を極端にいじられると性に合わない人間みたいです。
ところで初代HODはもう幻なんだろうかね・・・?今は2よりも初代が無性にやりたいのです。ただし、家庭用は論外。
で話を変えますがbit Generationシリーズ、コンセプトとか全体の前評判が微妙であったせいかどうもそこらのゲーム屋では取り扱っていない所がほとんどな模様。そういえば和歌山でも取り扱っていた所はJoshinだけだったしなぁ。で結局買ったところは少し規模のある玩具屋でした。
ちなみに残りの「DIALHEX」と「COLORIS」はアマゾで注文してしまった(明日か明後日辺りに届く)ので結局このシリーズ全部集めてしまいますた。収集癖があるのかなぁ、自分。ナムコミュージアムシリーズも何だかんだで全部集めてしまいましたし。
まぁ、今度は携帯機のゲームなんで通学中の電車の中でしばらくは退屈せずに済みそうだが。

ではBOUNDISHとSoundvoyagerのファーストインプレッションを。

・BOUNDISH
このbit Generationシリーズでのコンセプトである「ゲームの原点へ・・・」という観点から見れば、本作はこのコンセプトに一番近い作品かも。「そうだ」という自信はありませんがゲームは同ジャンルのポンから始まったと言いますし。
とまぁ、どうでもいい愚痴は置いといてだ。(ぉ
このゲームはステージに仕掛けがあったりなどのアレンジを加えたホッケーゲーム4つと1人専用のミニゲームを収録したものではあるが、個人的にはHUMAN LEAGEとWILD GO ROUNDが好み。特に後者は始めは打ち返すだけで精一杯だが慣れてきて、打ち返しつつターンテーブルをコントロールしてうまくいった時は結構快感になる。
音も初期のGBのソフトで鳴っていた音みたいな、いい意味で昔っぽくて地味。
まぁ、このゲーム自体がレトロスタイルなのでそこもいい味出しているわけですが。
ただ、この手のゲーム全般に言えることだが一人だと限界を感じるのが早いかも。対戦できる環境であれば多少は盛り上がるかもしれませぬ。

・Soundvoyager
内容は音だけでプレイするミニゲーム集といった感じで本シリーズの中ではもっとも異端なプレイスタイルを持つゲーム。真の意味で「音ゲー」とも言える。ということでヘッドホンかイヤホンがないとゲームが成立しない。
昔、「リアルサウンド」という画面を見ずにプレイするノベルゲームがあったのですが、それを一歩踏み出して「音だけでゲームをする」という感じかな。
実際にプレイすると始めのうちは画面でもターゲットを確認可能だが、進んでいく内に次第にターゲットが見えなくなってしまい自身の聴覚のみが頼りになる。でそこからはというとなんというかね・・・強いて言えば「音と戯れる」という形容がもっとも似合う感じである。
あまりにも尖ったコンセプト故に軽く噛った程度では真っ当な評価が出しづらい作品で好き嫌いが分かれやすいかも。ゲーム好きであれば、一度触れてみる価値はあるにはあるのですが・・・。

そういえば、とあるゲーム屋でPSP版GTA:LCSを見かけたときは「こんな所でも取り扱っていた店があったのか。」と驚きました。こりゃ、来年の正月に本体と一緒に購入だな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 Negative Room all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.