Negative Room
奥側の目立たない部屋。室内の95%以上がゲーム。(2005 september 8th=入居開始)
六角形の色変え
昨日、bit GeneraitonシリーズのDIALHEXとCOLORISが届いたので残りの2つの軽い雑感でも。このシリーズのパズルゲー群は地味ながらも中毒度ありです。

・DIALHEX
初めのうちは六角形の作り方で「こりゃ分かんねー!」と叫びそうになるが、結構早いペースでおぼろけにだが分かるようになってくる。で意識して作れると快感になるのは言うまでもなく。
カーソル内に入っている間はピースが落下しないといった小技もある上に、時間が進んでいくと絶え間ない操作が要求される点では、本作はテトリスみたいに小手先の操作技術がモノを言うタイプと言える。
音は「和」を連想させる感じかな。音質はdotstreamやDIGIDRIVEみたいに結構綺麗です。

・COLORIS
ルールだけ見るとありきたりなモノだなぁと思いがちだが補色の概念は結構斬新。
上の概念を理解できないと自らの手でぷよぷよでいう固ぷよに当たるグレーパネルを量産してしまう羽目になってしまうが、「この色とこの色だとこうか?」と頭で考えつつパネル消していくのは結構楽しい。故にCOLORISはジグソーパズルみたいなじっくりと取り組むタイプのパズルと言える。
ただ、補色の概念が適応されるのは割と後半の面で面白さに気づくのに少々時間がかかるのが残念。ちなみに前半の面はパネルの寿命による時間との勝負という感じは否めない。あと多数のパネルが一気にグレーになるとかなり焦る。
音はゲーム中はほぼ効果音のみだが、どれも小気味いい感じです。どうやら有名なアーティストが絡んでいるらしいが、その人は知らないので何も言えません。

所であちこち見てると「虫姫さま ふたり」は10月下旬に発売とかなっているんですが、AMショーもやっていない上にロケテとか言った目立った動きがまだない事を考えると発売時期がちと早くないかな?
ガルーダ2の時みたいに「誤植ですた」というオチならいいですが。
ま、方向性があっちに向かっているとはいえ、好きであることには変わりないのでケイブには無理せずに行って欲しい限り。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 Negative Room all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.