Negative Room
奥側の目立たない部屋。室内の95%以上がゲーム。(2005 september 8th=入居開始)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
片腕戦闘機
アインハンダー。去年の5月ぐらいに買ったまままったくの手つかずだったので珍味がてらにプレイ。
難易度ノーマルで3回やってエンディミオンFRS Mk-IIIで2面ボスまで。

敵を抵抗不能にしてガンポッドを強奪するというシステムはなかなか面白い。敵から奪ったガンポッドは初期装備のバルカンと違って弾数制限があったり、機体によって3つまで装備できて切り替えできたり等、戦略性もなかなかある。
ただガンポット関連の概念のおかげで、銀銃ほどではないにしろSTGにしては操作がやや複雑という感じは否めないが。

だが、それ以上に気になったのは3D演出を使ったSTGの宿命か、派手な演出を使うのはいいが、時々それが仇になって敵弾を見失ってしまう事。それのおかげで知らない間に被弾もしくは体当たりされて撃墜されたのを何度かやらかした。まぁ、これはレイストームでも薄々感じてたことなんだけど。
見た目を地味にしてプレイの快適さを追求するか、プレイの快適さを犠牲にしてでも演出を磨くか・・・。ありきたりな結論ですがやはり難しいもんです。

明日、また遠出するのでその時に一応PSP買うつもり・・・。まぁ、まだ不確定という事で。(ぉ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 Negative Room all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。