Negative Room
奥側の目立たない部屋。室内の95%以上がゲーム。(2005 september 8th=入居開始)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケイブとグレフの新作とか
とりあえずAMショーに出展されるケイブとグレフの新作について情報が出たので、分かった所を箇条書きで。

情報元:アリエスの小部屋さま

1.ケイブの新作
・タイトルは「デススマイルズ」
・プロギア以来の横スクロールシュー。ただし写真を見る限りでは地形ありっぽい。
・自機は風使いのウィンディアか死霊使いのキャスパーのどちらかを選択するものと思われる。
・写真をパッと見た感じではゾルディバイドっぽい感じに見える。
・久しぶりの横スクのタイトルだが、プロギアで横弾幕の試みが失敗した経験からすると、今回はIKDの作品では珍しく非弾幕シューである可能性も・・・。
・残機はライフ制だと思われる
・わかり辛いが画面左下に何かしらの意味ありそげなカウンタの存在を確認。これが意味するモノとは如何に・・・?
・プレイヤーキャラが左向きに攻撃している写真があるが、ファンタジーゾーンみたいな任意スクロールタイプか、ダラII、Gダラみたいに敵がいる方向によって切り替わるタイプであるかどうかは今のところ不明。
・画面レイアウトに2Pが表記されていない所を見ると今回はケイブシュー初の一人プレイ専用作品になる?

2.グレフの新作
・タイトルは「まもるクンは呪われてしまった!」
・開発はガルチが担当。ちなみにガルチという会社は元セイブ開発の雷電製作スタッフが独立して設立した会社だそうだ。
・縦画面全方向任意スクロールシューティング。感じ的には奇々怪界、ワルキューレの伝説に近い。
・曲はスーパースィープが担当。FM音源の音色っぽい感じを目指すらしい。
・「撃って倒す」面白さを追求するらしい。

でグレフはタイトルはアレだけどいつもの「俺達は他と同じようなモノは作らないぜ!」なイズム全開で期待できそうだけど、それ以上にお得意の弾幕スタイルを捨てて、いつもとは違うスタイルの作品になるであろうケイブのデススマイルズが気になる所。
まぁともかく10月以降はオトメディウスとかで久々にプレイするゲームが増えそうだ。いまから結構楽しみ。
コメント
この記事へのコメント
新作が出るのは楽しみっちゃあ楽しみなんですけど、個人的には「ぐわんげ」や「鋳薔薇」など、ケイブの変化球型のゲームには馴染めませんでしたので、正直不安の方が大きいです…。
それに稼動したところで、アリスにでも行かない限りプレイできる可能性が低いという現実がorz

ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたので話を変えて、下のほうにエグゼリカがXbox 360に配信されるとあったのですが、ドリキャス版買った人はどう思うのでしょうかね?
後、まもるクンの方はNAOMI基板とのことですので、もしかしたらDCはまだ終わらないのかも?
まあいずれにしろ、今後が楽しみですね。
2007/09/01 (土) 12:45:47 | URL | サンダー #sSHoJftA[ 編集]
冒険は危険を伴う
ぐわんげと鋳薔薇・・・まぁこの2作品は変化球というよりかはかなり癖の強い作品なんで、クリーンヒットしてハマる人もいれば、馴染めずに終わる人も出てくる。そうなるのもある意味自然な流れなんじゃないかなぁと思いますね。初心者に薦められるとかインカムとかの話は別として。

新作のデススマイルズは、まだはっきりしていない部分が多いのでなんともいえないのがアレなんですが、今のところは冒険はしているが、どんなプレイヤーでも馴染めて楽しめるように、押さえてるところはきちんと押さえている作品として出ることを祈るしかないですね。

>エグゼリカ
DC版買った人で今回の×箱配信決定を聞いてどう思うかは人それぞれなんじゃないかな?
「なんか複雑な気分だな・・・」という人もいれば「まぁ、プレイできる人が増えるんだったらいいんじゃない?」みたいな感じで。
ちなみにDC版は未所有で一度まーともさんから借りた程度なんで突っ込める立場であるかはどうかは微妙ですが、個人的には「いいじゃない?」派ですね。実際プレイできる人が増えて、そしてSTGを始める人が一人でも増えたらSTGをプレイしている人にとっては嬉しい限りなので。
2007/09/01 (土) 20:58:22 | URL | XYRS #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 Negative Room all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。