Negative Room
奥側の目立たない部屋。室内の95%以上がゲーム。(2005 september 8th=入居開始)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
残り2つも・・・
とりあえずnalakuとHACOLIFEのレビューのようなものを書いたのはいいが、未レビューのままであるArtstyleシリーズの作品、AQUARIOとDECODEを放置したままなのは流石にマズイと思って、急遽一気に書く事に。配信開始からかなり経ってますけどね。
例によって詳しいゲームの詳細は下の公式ページを参考に。
AQUARIOのページ
DECODEのページ

・AQUARIO
はい、Artstyleで一番好きな作品でございます。
このゲームは後付け連鎖のチェーンを繋ぐための立ち回りとタイムアタック、これが全てと言ってもいいでしょう。後半面は霧が降って来るスピードが早いので慣れない内は、画面リセットブロックが揃う前に画面真っ暗になってゲームオーバーになったりと結構難易度が高いですが、ならばチェーンを切らさない事を意識して素早くクリアすればOKじゃない?という事を考えてプレイするようになると一気に面白くなります。そこからステージ開始から最後のパネル揃えになるまでチェーンを繋げる、少ない入れ替え回数でブロックを消していく、そしてステージのクリアタイムを縮めていく、エンドレスダイブでひたすらチェーンを繋げていくと、プレイしていく内に腕の上達具合が分かりやすい形で出てくるのが素晴らしい。心地よいBGMと効果音もとてもいい感じです。

・DECODE
数字パネルを動かして行き足して10になる組み合わせで消える・・・なんだけど、これがとにかく難しいw
多数の数字パネルの中から消える組み合わせを素早く見つける必要があったり、転がすと数字として使えなくなる数字パネルもあるので、その辺も考えて立ち回る必要がある。そしてパネルが降って来るペースが段々早くなっていったりと全体的にキツイ要素が多め。
赤い数字パネルは消すことで赤い数字パネルと同じ数字全てを一気に消す事が出来るのだけど、このパネルは一切動かすことが出来ないのも中々の曲者。いっそのこと赤いパネルも動かせれるようになればプレイしやすさも結構違ってきたと思いますね。
とはいえクールでストイックな雰囲気、テクノテクノしてるBGM、かっこいいスタッフロールと好きな部分もあるといえばあります。・・・うーむ、自分にはどうも合わないみたいで。
恐らく6作の中では難易度が高く、かなり人を選ぶ印象ですね。ハマる人にはハマるといった感じで。

ということで残ってたAQUARIOとDECODEのレビューを簡単にではあるが完了。nalaku&HACOLIFEの時とは文章の感じが違うことないか?という突っ込みはなしの方向で(ぉ
しかし、6作のレビュー全て書いちゃう辺り、本当にこのシリーズが好きなんだなと改めて実感。前身であるbit Generationsシリーズも大好きだったし。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 Negative Room all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。