Negative Room
奥側の目立たない部屋。室内の95%以上がゲーム。(2005 september 8th=入居開始)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲームは面白さはグラフィックでは決まらないという事を
レトロゲームをやっているとよく感じる。
見た目は古臭くても、ゲーム性がしっかりしているものは、当時リアルタイムでプレイしていなくても面白い。
別にグラフィックが綺麗なのは、悪いことではないが、ゲーム自体の面白さを決めるのはシステムなどいったゲーム性で、グラフィック自体は、それに対する付加要素に過ぎないって事です。


つーか、グラフィック重視でゲーム性は二の次なゲームが氾濫している今でこそレトロゲームの真価が問われるべきかな、と思ったり。
それ故に、レボリューションの簡易エミュ機能を聞いたときは、よくぞ考えた!と思いました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 Negative Room all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。